FC2ブログ

イチローのさわやかな報復

土井正三氏V3見届け、すい臓がんで死去 nikkan sports

巨人のV9のことはリアルでは知らねぇ。その頃俺は乳幼児か胎児か精子だったから。
なんで、土井というと「イチローを潰しかけた男」という印象しかない。ネットで検索してみると、田口も潰されかけたらしいぜ。

上の記事からの引用
オリックスの監督時代にイチロー(現マリナーズ)の才能を見抜けなかったと批判されたこともある。しかし、選手としての実力は高く評価していた。ただ積極的にボールを打ちにいくイチローは、土井氏の求める「ボール球を見極めて確実に塁に出る」という1番打者ではなかった。それが1軍から外した理由だったという。その後「あの時の反骨心が今のイチローのベースにあるのでは。その意味で、判断は良かったと思っている」と述懐していた。

記事は没後のもんなんで美化されているが、要は
「俺の言うとおりにしない奴は永遠に二軍で飼い殺しだ」
ってこと(そしてそれが当然だと思ってる)。
…どうやらネットや週刊誌で言われていたことは事実だったらしい。

ちなみに2001年の報知新聞(waybackで見た)では
◆「なぜ2軍落ち」土井氏取材攻勢
 〇…元オリックス監督の土井正三氏(現評論家)が24日(日本時間25日)、キャンプ中のイチローをアリゾナ州ピオリアに訪ね、米メディアの“取材攻勢”に遭った。イチローは土井監督時代のプロ1、2年目に、ルーキーでウエスタン・リーグの首位打者を獲得するなど活躍しながら、1軍に定着しなかった。
ある米国人記者によると「なぜイチローを2軍に落としたのか」と尋ねられた土井氏は「僕はそう思わなかったが、当時の打撃コーチが彼のバッティングフォームを嫌いだったから」と説明したという。(共同)

うはw責任転嫁w

それにしても、イチローが活躍すればするほど、土井の無能っぷりが世界中に明らかになるわけで、これほどさわやかな報復行為というのも珍しいぜ。


土井はパンチ佐藤にも嫌われていて、引退したとき「プロへの扉を開いてくれた上田監督、芸能界への扉を開いてくれた仰木監督、・・・途中何かありましたけども」とか言われたらしい。
著書では単に「D」と書かれているそうだ。

これはすごい反面教師だぜ。
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

TAG : イチロー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)