FC2ブログ

ソ連人ドラマーはシャッフルを知らなかった

ベルリンに壁があって、俺がまだ若かった頃の話。
某国でソ連人ドラマーとバンドをやる事にしたんだ。俺がベースで、ギターは松山千春の声色を使うヘタクソな日本人。
その頃のソ連では「ロック=反体制」で、ゴリゴリのパンクが主流だったんだが、そのドラマーも重厚な8ビート(笑)しかできない。
三連系をやらせると
「ツッツタッタ ツッツタッタ ツッツタッタ ッタツタッタ」
が10秒後には
「ツータツ ツッタツ ツツタツ ダツダツ!」
になってしまう。
しかもギターは全くそれに気付かない(言われてもわからないw)
板ばさみになって俺はマジ困った。

練習後にそのソ連人に聞いてみた。
俺「おまえなんで三連系できないの?」
ソ「少年学校*で習わなかった」   (*学校とは別にスポーツとか音楽とかを教えてくれるらしい)
俺「ソ連じゃガッコでドラム教えてくれるのかw」

その後ドラマーはどこからかアメちゃんを連れてきた。カリフォルニアから来た白人だ。そいつをドラムセットに座らせて俺はAブルースだ。
ソ連人はアメちゃんの手先をじっと見ていた。

イゴール(仮名)は、シャッフルをおぼえた!

…やっぱり幾つになっても勉強は大切だぜ。


スポンサーサイト



テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

TAG : パンクロック

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)