FC2ブログ

誰も俺を信じてくれない

もう20年くらい前の大晦日、俺は家で紅白歌合戦を見ていたんだ。
その年の白組の司会は加山雄三だったんだ。タキシードかなんか着てたかな。
それで
「次の曲は、少年隊で、曲は、仮面…ライ、ダー!
とか言い始めたわけ(しかも手ぶり付き)。
始まった曲はもちろん「仮面舞踏会」。

年が明けた翌年の元旦、俺はオールナイトで遊んでいた友人たちに合流してその話をしたわけ。
そうしたら、誰も信じてくれないの。
みんな
「へー、面白いですね」(棒)とか
俺の肩を叩きながら「わかったわかった、もういいから。」とか。
俺ってそんな信用なかったかと思ってマジで落ち込んだよ。
その頃はネットとかもなかったんで、俺が名誉回復するまでにたしか一週間くらいかかったと思った。



スポンサーサイト



テーマ : 歴史大好き! - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 仮面ライダー

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)