FC2ブログ

「手相を見せて下さい」

池袋に行ったら貧相な感じの若い女が「手相を見せて下さい」と、若い人に手当たりに声をかけていた。
勿論手相なんてのはインチキで、誘われるままについて行ったら大勢の人に囲まれてカルト団体に「勧誘」されるってわけ。
それで翌年はそいつが「手相を見せて下さい」と声をかけることになる。
この時期は新年度、新学期の新しい環境にうまく適応できなくて精神が不安定になる奴が一定数いるわけだが、若い人の心の弱みに付け込む商売ってのは最低だぜ。

ついでだから、昔若者だったオッサンからヤングな人に一言。
「ボッチになることを恐れるな。」


スポンサーサイト



テーマ : ドキュメンタリー - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : カルト

衣笠選手の気付き

プロ野球の広島カープで活躍した「鉄人」衣笠祥雄氏が亡くなった。
俺は巨人ファンなんだが、鉄人衣笠はやっぱすごい人なんでリスペクトしてたw

こっから先は昔何かで読んだことやテレビで見た話なのでうろ覚えだが、記憶違いがなければ本当の話だ。

衣笠氏は日本女性と黒人男性(たぶん米兵)との私生児だった。敗戦後の日本ではわりとよくある話だ。彼は父親が誰か知らなかったが、それでも頑丈な体をくれた父親に感謝していたそうだ(ここまではたぶん活字媒体で見た)。

彼はその後広島に入り、昼間は適当に練習して、夜は岩国の米軍キャンプまで行って米兵と飲み歩いていた。
やっぱ同じタイプの人種とつるむ方がいろいろ楽なんだろうね。
そんなある日、衣笠氏は飲み友達から「おれ、来週からベトナム行くんだ」と言われた。
ベトナム行くって言ってもリゾートバカンスじゃねえ。当時はベトナム戦争真っただ中で、ベトナム行きは超死亡フラグだった。
それを聞いて衣笠氏は「あれ、俺何してるんだろ」と思った。
「なりたかったプロ野球選手になったのに、なんでこんなことやってるんだろう?」
そう思ってマジで野球に取り組むようになったそうだ(この話はたしかテレビで見た)。

それから彼はマジで練習するようになり、国民栄誉賞をもらうような大選手になった。
…やっぱ人間って自分が気付かないと変われない生き物なんだろうね。



テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

TAG : プロ野球

ラード反町

俺もガキの頃ちらっと見ただけだから詳しいことは知らないが、最近話題のセクハラオヤジは子供のころから「ラード」とか言われたむっつりデブだったと思う。



テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

TAG : マスゴミ デヴ