FC2ブログ

みんな行け行けいけぶくろ~♪

池袋に立教大学という学校がある。立教大学は東京六大学の一校で、しかもミッションスクール(笑)だから地方の学生にはかなり人気だ。
ところが田舎から入学した学生は池袋北口~西口のカオスっぷりに閉口し、世間では長嶋さんの母校としか知られていない「我が校」に幻滅する。
そしてある者は好立地の上智と青山に嫉妬し、またある者は「長嶋なんか嫌いだ!!!」とキレる。

まあ俺的には、どんなに無名な大学でも自分にとって有益だったら胸を張って自慢していいと思うんだが…。


スポンサーサイト



テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜ - ジャンル : 日記

味の素のエビピラフのどうでもいい秘密

冷凍庫に入れとくと重宝する味の素のエビピラフ(2人前)の話。

俺の経験が常に正しいとすれば、エビの大多数は左側(赤い方)に入ってるんだ。だから左側から開けて
「うはwエビたっぷりw」
とか言っていると、残り半分が「ミックスベジタブル入りコンソメライス」になっている可能性もある。
まさに諸刃の剣w
なお、それを知りつつ「エビたっぷりピラフ」を食べ、残りの「ミックスベジタブル入りコンソメライス」にサケフレークを入れるという技もあるのでお試し戴きたいw

テーマ : (・∀・)ららーん - ジャンル : 日記

イスラムと飲酒の関係 他

イスラム教徒は豚肉のほか、酒もNGだ。これについてオスマン・サンコンの本には
「イスラム教徒の多く住んでいる地域は暑いので、酒を飲んだら脱水症状を起こしやすいから」
というふうに書いてあった。なるほどそれも一理あると思ったら、その次
「だから僕もパリではよくワインを飲んだ」
…て、そういうオチかよw

あんまり関係ないけど、俺はある晩都内某所でオスマン・サンコンを見かけたことがある。確かに黒くて、闇になじんでいたw




テーマ : (●´∀`●) - ジャンル : 日記

倖田來未さん、ご結婚おめでとうございます!!!1!


倖田來未さん、ご結婚おめでとうございます!!!1!
  
           
ご結婚とご懐妊の二重奏、本当におめでとうございます!!!1!
         
                                     
高年齢出産は、統計学的に見てもかなりのハイリスクだというのが定説です!!!!

    
やっぱり羊水が腐る前にズッ婚バッ婚するのが得策ですよねーー。


私も倖田さんの洗濯を全力で支持します!1!!!!
    
                       
末長くお幸せに!!!!
  


テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

TAG : DQN

インドネシアではそのようなことはあり得ない(キリッ

この前に続いてインドネシアの話をもう一本。

大昔「タモリのテレフォンショッキング」に野沢直子が出て、「インドネシアのロケ中に『○ンコしたい』って言ったら、部屋の隅を指差されて『ここでして下さい。下の豚が食べます』って言われた。」みたいな話をした。
仕込みかもしれないけど、観客爆笑だった。

その数分後なんだが、タモリがニヤニヤ笑いながら
「ただいまインドネシア大使館から抗議がありました。インドネシアではそのようなことはあり得ないそうです。」
と言った。
うはww大使館でも「いいとも」見てんのかよ?

それはともかく、豚と犬は腹が減ったら○ンコでも食うというのは定説だ。オスマン・サンコンの本にも「イスラム教で豚を禁止したのは養豚方法が汚いから」って趣旨のことが書かれてたし。
…ジャワやスマトラみたいなイスラム圏ならともかく、西イリアンとかバリとかだったら十分あると思うわ。




テーマ : インドネシア - ジャンル : 海外情報

シレッと嘘をつく奴は必ずいる

日本人は全体的に見れば正直で勤勉だが、シレッと嘘をつく奴や怠け癖のある奴は少なくない。実際知り合いでお店をやってる奴等は、バイト店員の不正や無断欠勤で日々悩んでいる。男で女でも、年寄りでも若者でも、暑くても寒くても天気が良くても悪くても、やる奴はやるんだと。

俺にも笑えない経験がある。昔キャンプに参加した時の話だ。
そのキャンプは下は小学校高学年、上は高校大学あたりまで数十人が参加していた。俺はその時リア高だったんで、コーチ兼任みたいな役で下っ端の面倒なんかも見ていた。
その日の夕食はカレーだった。俺みたいな年上が火の番とかまき割りみたいな仕事をして、リア小には水汲みとか洗いものとか相対的に危なくない仕事を振る。まず数十人分の肉と野菜を刻み、火を起こして野菜を炒め始めたところで水を汲みに行かせる。野菜に火が通ったところで水を入れて沸騰させ、沸騰したらルーを入れてよくかき混ぜて味見をする。
…味見をした瞬間、俺は愕然とした。


甘 い 。 あ り え な い ほ ど 甘 い 。


俺は水を汲んできたガキを締め上げた小学生を詰問した。
俺「ちゃんと水汲んできたか。」
小「ハイ」
俺「嘘言うんじゃねえよ、味見してみろよ」
小「…」
俺「テメェ水汲みが面倒臭かったから、隣からフルーツポンチ用のシロップかっぱらって来たんだろ?」
小「…ハイ。」
俺「バカ野郎、テメェのせいでみんなの夕飯が台無しだよ、わかってんのか?」
小 (泣)

ちなみに激甘カレーは捨てずに食わせた。てゆーかそれしか食うもんがない。カレーはキャンプの定番で、おかわりの奪い合いになるんだが、その時だけは大量に残ったw


テーマ : (´・ω・`) - ジャンル : 日記

TAG : DQN

爺さんの慧眼

前回に続き俺の爺さんの話だ。
俺の爺さんはお笑いが好きで、お笑いオーディション番組を見ながら、
「常連の中ではこいつらが一番だな。若いのにホント面白いよ。」 とか
「こいつも将来伸してくる(ぐいぐい頭角を現す)よ。」 とか
「あいつらはホントつまらないな…」 とか
いろいろ言ってた。

ちなみに、
「こいつら」はとんねるず、
「女芸人」は山田邦子、
「あいつら」はアゴ&キンゾーだった。

俺の爺さんは会社を潰した中年ニートで、世間で言う「負け組」なんだが、お笑いを見る目は確かだったw



続きを読む »

テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

TAG : バカ

情弱はエサになる

俺のじいさんは昔「東京には人を騙すことを商売にしている奴らが大勢いるから気をつけろ」って言ってた。まあ東京に限らず、情弱から金を絞り取る商売は存在する。
俺が仕事でちょっと関わった「軽貨物運送」の業者もそうだった。

軽貨物運送会社の中には、トラックを1台も持たない、ドライバーを1人も雇わないって会社が結構あった。それで荷主から仕事を請けて、それを個人事業主(ドライバー)に振るわけ。
身軽で現代的な経営だって?
そういう会社は請けた金額と振った金額の差額で儲けるんじゃないんだ。
仕事を振る条件として、ドライバーにボッタクリ価格の「専用車」を売って儲けていたんだ。簡単に言えば内職商法と一緒で、弱小車メーカーも弱小カード会社ももちろんグル。だから専用車を買ってもろくに仕事が回ってこない。なにしろ儲けるために個人事業主(笑)をガンガン増やしているからw
ただそういう美味しい商売も長続きはしない。カラクリを知って怒った一部のドライバーが国民生活センターに駆け込んだり裁判したり本社に特攻して自爆したりしたおかげで、今ではこのビジネスも下火になっている。

ちなみにある会社の「専用車」は、荷台が運転席の上まで張り出している変な形なんだ。そんなことしたって運べる荷物なんて大して増えないんだけど、他では買えない「専用車」として高い金をとるためにわざわざそうしたって聞いた。
だから街でその車を見かけると、俺はいつも「情弱はエサになる」ってことを思い出すんだ。実際車が残ったのはマシな方で、借金のカタに「専用車」まで奪われて借金だけが残ったんだと。




テーマ : 起業 - ジャンル : 就職・お仕事

ショーロンポーのメーキング

中華点心の一種にショーロンポー(小籠包)というのがある。噛むとスープがジュワーっとでてくる小さな肉まんだ。俺は前に店の人がショーロンポーを作っているのを見たことがある。実はあのスープは油とゼラチン、常温では固まっている。
それでまず

 ゼ    ゼ     ゼ    ゼ     ゼ 
 具    具     具    具     具 
生 地  生 地  生 地  生 地  生 地

みたいな半製品をいっぱい作る。
そして今度はやる夫の「肉まんの先っちょをネジるお仕事」みたいにして成形して作るわけ。
普通の人は知ってたかも知れないが、俺は馬鹿だからけっこう感心したぜ。
スープを注射して作るんじゃなかったんだwww

だからさ、ショーロンポーは意外と油ギッシュなんだ。食い過ぎには注意しろよ。
じゃあの。





テーマ : 中華料理 - ジャンル : グルメ

徳川家康と俺

昔俺がインドネシアに行った時の話。
安ホテルに泊まって、会計のときに徳川家康の肖像画が書いてある金運財布(笑)を出したら、それを見た店員が
「What is this man?」
みたいなことを尋ねてきた。
俺はうまいこと説明できなかったんで、壁に飾ってあったスハルト大統領の肖像画を指差して
「Great man president him … three hundred years ago in Japan」
みたいなことを言ったら、いい感じで通じたらしい。
…イスラム世界じゃ人を人指し指でさすのはNGらしいと後で聞いたが、その場は友好的におさまったのでおk。



テーマ : インドネシア - ジャンル : 海外情報